川崎のグルメ|川崎で美味しいうどんを食べるなら!

川崎市は、多様な食文化が息づくエリアとして知られていますが、その中でも「うどん」は特に注目される一品です。地元民から観光客、ビジネスマンまで、多くの人々が美味しいうどんを求めて川崎を訪れます。この記事では、川崎で絶品うどんを楽しむためのおすすめの店舗をご紹介。さらに、うどん屋選びのポイントを詳しく解説します。是非、この記事を参考に、川崎でのうどん探しを楽しんでください。

うどん屋選びの5つのポイント

Kishimen, flat type udon noodle dish, japanese nagoya food

うどん屋選びにはいくつかのコツがあります。一般的なアドバイスから専門的な視点まで、以下の5つのポイントを押さえておけば、失敗することは少ないでしょう。

1. だしの種類とそのバランス

だしはうどんの命とも言えます。一般的には鰹節、昆布、煮干しなどが使われますが、そのバランスが重要です。例えば、「多層的な風味」を求めるなら、複数のだしの素材がブレンドされている店を選びましょう。

2. 麺の太さと食感(コシ)

「コシ」とは麺の弾力性のことで、これが強いと「もちもち」とした食感になります。専門用語でいうと「加水率」が関わってきますよ。加水率が高いと柔らかく、低いと硬い麺になります。自分の好みに合った麺の太さとコシを知ることが大切です。

3. トッピングの種類と質

天ぷらやおにぎり、肉など、トッピングもうどんの楽しみの一つです。特に「地元の食材を使っている」という店は、その地域ならではの美味しさを感じられる場合が多いです。

4. 店の雰囲気とサービス

食事は味だけでなく、店の雰囲気やスタッフのサービスも大事な要素です。例えば、店内が清潔であるか、スタッフが親切かどうかは、食事の満足度に直結します。

5. 季節限定メニューとそのタイミング

季節限定のメニューはその時期ならではの食材を楽しめる大きな魅力です。しかし、新メニューが出る直後は混雑することが多いので、タイミングを考慮することもポイントです。

川崎で美味しいうどんが食べられるお店

Woman drinking alcohol

川崎駅周辺

麵一滴

川崎区東田町に位置する「麵一滴」は、水~月曜の11:30-14:30に営業しています。そして、昼には行列ができるほどの人気店。座席はカウンター7席と6人掛けのテーブル1卓があり、相席も可能です。
店内は黄色い椅子が印象的で、清潔感があります。讃岐うどんとサクサクの天ぷらが特色で、透き通る金色のスープが印象的。出汁には4種の節と煮干し、真昆布を使用しています。麺は中太でツルッとした食感が楽しめますよ。
価格はかけうどん、ざるうどん共に650円とリーズナブル。特にざるうどんのつけ汁は、醤油がしっかりと効いており、節の風味が豊かです。
このお店は、家族連れからビジネスマンまで、多様なニーズに応えることができるお店。特に、清潔感を重視する方や、本格的な出汁を楽しみたい方には最適です。

ふたば製麺

川崎駅北側改札内3Fにある「ふたば製麺」は、平日7:00~23:00、土日祝7:00~22:00に営業しています。座席数は21席とこじんまりとしていますが、オープンキッチンで調理風景を楽しむことができます。
こちらは讃岐うどん専門店で、国産小麦と水と塩だけを使用し、毎日店内で手打ちの麺を提供しています。大釜でゆでたモッチリとしたうどんに、揚げたてのアツアツの天ぷらをトッピングすることができますよ。
新鮮な食材と手作りの味を求める方、または調理過程を楽しみたい方に特におすすめ。早朝から遅い時間まで営業しているので、時間を選ばず訪れることができます。

杵屋

川崎で本格的な讃岐うどんを楽しみたいなら、「杵屋」がおすすめです。営業時間は11:00~23:00と広く、店内は和風で落ち着いた雰囲気。広々とした空間にはカウンター席とテーブル席が配置されています。
特に注目すべきは、讃岐の伝統的な手打ち技法で製麺されたうどんです。だしは関西風の薄味で、うどん本来の風味が堪能できます。さらに、店頭でのうどん打ち実演も行われており、その職人技に感動すること間違いなしです。
価格相応の質にこだわったメニューが楽しめ、季節の天丼定食などが提供されていますよ。また、セットのうどんは無料で半玉増量可能です。
讃岐うどんの本格的な味を求める方や、落ち着いた雰囲気で食事を楽しみたい方にピッタリです。

山下本気うどん

24時間営業の「山下本気うどん」は、川崎区砂子2-1-1にあり、銀柳街でも目立つ存在。
このお店の特徴は、何と言ってもSNSで話題の「白い明太クリームチーズうどん」です。リピーターが急増中というこのメニューは、一度食べれば忘れられない美味しさですよ。また、創業以来の「鶏天タルタルぶっかけうどん」や「カレボナーラうどん」など、他では味わえないメニューが充実しています。
店内は夜は落ち着いた雰囲気で、お酒も楽しめます。新しいうどんのメニューに挑戦したい方や、24時間いつでも美味しいうどんを楽しみたい方に最適です。

向ヶ丘遊園

うどん居酒屋 どんた

神奈川県川崎市宮前区に位置する「うどん居酒屋 どんた」は、関西風のオリジナルだしとサクサクの天ぷらで人気を博しています。営業時間は平日と土日祝で異なり、毎週水曜日と第2、第4木曜日が定休日です。
店内はアットホームな雰囲気で、鉄道関連の展示物もあります。二階のお座敷は快適で、ゆっくりと過ごせます。特に注目すべきは、生蕎麦も提供開始した点でしょう。
価格は手頃で、かけうどん、わかめうどんはなどが1000円以下なのも良いですね。おにぎりや甘味もあり、多様なニーズに応えていますので、家族連れや鉄道ファン、そして新しいメニューに挑戦したい方におすすめです。

京王稲田堤

うどん 竹むら

神奈川県川崎市多摩区にある「うどん竹むら」は、うどんの麺の種類を細麺・中太麺・極太麺から選べる点が特徴です。店内はカウンター席5席と2人掛けのテーブル席6卓があり、コンパクトながらも賑わっています。
うどんつゆには魚介だしとカエシの塩が絶妙にブレンドされており、モッチリとした食感の麺が特徴。また、うどんを注文すると炊き込みごはんが1杯無料というサービスがあったりしますよ。
このお店は、うどんの麺の種類や量を自分好みにカスタマイズしたい方、または賑やかな雰囲気で食事を楽しみたい方に最適です。

まとめ|川崎のグルメ|川崎で美味しいうどんを食べるなら!

young woman eating cakes

川崎市は、多様な食文化が根付いている地域であり、その中でもうどんは特に注目されています。本記事で取り上げた各店舗は、それぞれに独自の特色と魅力を持ち、多くの人々に愛されています。だしの風味、麺の食感、トッピングの種類と質、店舗の雰囲気とサービス、そして季節限定メニューなど、うどん選びの際に考慮すべきポイントも詳細に解説しました。

川崎市で美味しいうどんを求めるなら、この記事が一助となるでしょう。地元民から観光客、ビジネスマンまで、多くの人々が川崎でのうどん探しを楽しんでいます。この記事を参考に、あなたも川崎市でのうどん体験を最高のものにしてください。

以上の情報を踏まえ、次回の川崎訪問が一層楽しみなものとなることを心より願っています。是非とも、川崎市でのうどん探しを存分にお楽しみください。